• ホーム
  • まつ毛育毛剤をケアプロストでまぶたを色素沈着させない方法

まつ毛育毛剤をケアプロストでまぶたを色素沈着させない方法

2019年12月22日
肌の問題を心配している女性

毎日のメイクの影響でまつ毛のボリュームが少なくなってしまった経験はないでしょうか。まつ毛はまぶたに生えており、目に異物が侵入してくるのを防ぐ役割をになっている箇所です。他の部位に生えている体毛のように強靭ではなく、外部からの刺激に弱いので、ほんの小さなきっかけで抜けてしまったり、十分な整腸を見ないという現象が良く起こります。また瞼周りの皮膚は皮下組織も薄く、繊細な部位であることも関係していると見て良さそうです。

まつ毛がすくなく目つきが悪く見える、なかなか成長しないなどのまつげの悩みに応えるのが、ケアプロストになります。商品名ではルミガンが有名ですが、本体は目の病気である緑内障治療薬として開発販売された敬意があります。ケアプロスト配合の点眼薬を使用する患者さんのなかに、まつ毛のボリュームが増化する副反応が観察されたので、改めてまつ毛育毛剤として研究開発がすすみ、独立した治療薬として承認されているわけです。まつ毛育毛剤の承認を受けて以降、数多くのまつ毛の悩みの解決に実績をあげてきた、ケアプロストですが比較的頻度が高い確率で発症報告があがっている副作用があります。それはあやまって塗布してしまった皮膚や、虹彩などに色素沈着が見られる症例が相次いだことです。

そもそも色素沈着とは、メラノサイト細胞から分泌されたメラニン色素が、肌のターンオーバーの過程で排出されずに塊となって残存している状況を言います。一般的には茶色いシミになったり、黒ずんだりしてきます。瞼の皮膚に色素の沈着が発生すると、目の周りが黒ずんだ印象になります。
また虹彩にも色素の沈着が生じることがあり、治らないので深刻です。虹彩は光に応じて瞳孔の大きさを調整する筋肉の一種で、いわゆる目の色を決定付ける部位です。ルミガンの不適切な使用により、虹彩にも色素の沈着が生じる症例は少なからずほうこくされており、治らないので防止に努めることが重要です。
そもそもケアとプロストには、メラニン色素も増化させる作用をもっているからこそ、黒くてしっかりしたマル毛の成長を期待できる訳です。目の周りの皮膚が黒ずむなどの副作用の出現率はおおよそ20%程度とかなりの確率なのは明らかです。幸い皮膚に生じた色素沈着は時間が経過するとともに軽くなり治る性質のものです。しかし治るといっても回復には個人差があるので、長期間にわたってメイクで隠すなどの工夫をするのも負担が大きいことでしょう。

つまりケアプロストを使用するときには、色素沈着の副作用のリスクを回避して予防することが強く求められます。ケアプロストの色素沈着などの副作用を予防するのにオススメなのが、ワセリンです。ワセリンは油分が豊富で誤ってケアプロストを皮膚につけてしまったときでも、皮膚への浸透を防ぎます。虹彩の色素沈着は治らないので、仮にあやまって目に入ってしまったときは、すぐに流水でケアプロストを洗い流すことです。