• ホーム
  • 授乳中の美容サプリ、摂取は問題ない?

授乳中の美容サプリ、摂取は問題ない?

2020年04月17日

妊娠中は葉酸などのビタミンの不足が奇形につながるリスクがあるので、専用のサプリメントなどが開発販売されています。妊婦専用サプリは妊娠中の体調や胎児の成長を考慮して成分配合されているので、服用することは基本的にリスクを想定する必要がありません。ただ出産が済めば授乳などの子育てに終われることになりますが、同時に妊娠前のコンディションにできる限り早く回復して、おしゃれなどにも楽しみたいとのニーズも大きくなるのは自然な流れです。妊娠中はエストロゲンやプロゲストロンなどの女性ホルモンが大量に分泌されており、出産と胎児の成長に備えています。ところが出産を境に女性ホルモンの分泌量は減少し、ホルモンバランスの影響で多毛症になったり逆に脱毛が見られるなど、美容上の問題に直面することになるのです。授乳中ではあっても、美容サプリのニーズが高くなるとカンガエルことが出来ます。ここで注意を払うべきなのは、授乳中は母乳を通じて赤ちゃんの体内に一部の成分が移行する可能性がある点です。それでは授乳中に美容サプリを服用するときには、どのような点を留意するべきなのでしょうか。

まずパッケージの記載に授乳中服用OKとの記載があるのかを確認してください。必ずしもメーカーに授乳中の飲用の可否の記載が義務付けられているわけではありません。パッケージなどに記載が見られないときは、メーカーのお客様相談室に直接問い合わせるのも一案です。記載があってもよく理解できないときは、医師や薬剤師などに相談することも必要といえます。

複数の美容サプリを服用するときは、栄養素の分量や組み合わせにも注意してください。美容サプリは複数の成分を配合することで、美肌やアンチエイジングの悩みに応える仕様になっているので、ある栄養素だけが過剰摂取してしまうこともありえます。

また美容サプリと処方薬の組み合わせにも注意が必要です。とくに医師の処方薬のなかにはサプリメントと同時に飲み合わせて成分が吸収されることで効能は弱ってしまい、本来の効果を発揮できない場合があります。あるいは逆に吸収されることで効果が強く出すぎることも。このような相互作用がしょうじるのはサプリメントが、普通の食材で摂取するときよりも、能動が凝縮されているからです。医療現場においても処方薬を服用しているにもかかわらず、サプリメントを自己判断で服用することが問題になっています。治療効果の減退なども現実におこっているとのことなので、何らかの処方薬を服用しているときは、事前に医師に相談のうえ、服用しようと考えている美容サプリの服用が問題ないのかを、事前に相談することが必要です。いくつか具体的な組み合わせをご紹介すると、ビタミンと血液凝固剤の組み合わせ。この場合は薬剤の効果を弱らせてしまうことがあるとされています。美容サプリを授乳中に服用するときは、パッケージの確認だけでなく医師に相談するなど、身長に対応することが望まれます。