• ホーム
  • 老化予防に食事で補いきれない栄養はビタミンサプリで

老化予防に食事で補いきれない栄養はビタミンサプリで

2020年05月24日

人間は誰しも老化現象は回避することはできません。寿命などはテロメアとよばれる遺伝子の影響が大きいとの見解が発表されるなど、ある程度は生まれつき決定されてしまう側面があります。しかし遺伝子の影響は生まれてからの日々の生活や外部環境などの影響も強く受けるので、自分なりに対策をとることで老化といえども、ある程度はこれを遅らせることが可能です。老化の速度を抑制し、可能な限り若さを維持するための取り組みをアンチエイジングといいます。アンチエイジングのための方法論には、多彩な選択肢があります。具体的なものを指摘すれば、美容クリニックやエステサロンなどの施術を利用したり、各種の成分を配合したサプリメントの服用や、紫外線対策など多彩な選択肢があります。アンチエイジング対策を検討するときに、基本になるのは食事バランスです。栄養状態が悪化していれば、全身の細胞の活性は維持するのが困難になり、シワやたるみ・色素沈着などが目立つようになります。反対に栄養過剰になってしまえば、肥満や生活習慣病、ビタミンやミネラルなどの過剰な消費によって、肌トラブルなどに直面することになるのです。

ところでがんも老化現象の一つです。若い頃はがん細胞も免疫力の力で排除し発病を予防していますが、食事バランスが崩れたり疲労やストレスで老化が進むと、免疫力が低下するとがんのはっせいの予防が難しくなるからです。もちろんがん以外の心筋梗塞や脳卒中なども老化現象が影響しています。身体の全身の細胞の活性を維持し、免疫力を保つには、すべての基礎になる食事バランスの見直しが必須です。老化予防の美容サプリでおすすめなのは、マルチビタミンを服用することです。

マルチビタミンはビタミンCやA・B群などのほか、各種のミネラルなども配合されています。とりわけアンチエイジングを想定するときに重要なのが、抗酸化作用の高いビタミンA・CやEなどが重要です。人間の体内の細胞は日々活動することの帰結として、活性酸素を生成しています。活性酸素は紫外線や細菌やウイルスなどの外敵が侵入したときに、免疫機能の副産物として生成される性質をもっています。活性酸素が適正なレベルでは免疫力を発揮するために有用な側面があります。しかし過剰に生成された活性酸素は、強い酸化作用を持つので全身の血管や細胞などにダメージを与えることになります。その結果、皮膚では水分部族による乾燥肌などになりバリア機能が低下していきます。水分も柔軟性もかけた肌では、ハリが失われシワがはしり明らかな老化が目立つようになります。

老化予防のかぎを握る抗酸化作用をもつビタミン類は、食材からも摂取することが出来ます。しかし普段の食生活では摂取するのは難しい種類もふくまれているのです。またアンチエイジングに効果を期待できるほどのビタミン類を摂取するには相当な量が必要です。美容サプリであればマルチビタミンをはじめとした、美容効果を期待できる成分が凝縮されているのでオススメです。